2020年10月15日

注文住宅をお考えの方へ!木材の種類について説明します!

注文住宅の購入を検討している方はいらっしゃいませんか。
そういった方の中には木材にこだわりたい方もいらっしゃいますよね。
しかし、木材の種類や特徴についてあまり詳しくない方が多いと思います。
そこで今回は、木材の種類とその特徴、木材の選び方について紹介します。
注文住宅を購入する方はぜひ参考にしてください。

□注文住宅に使われる木材の種類とその特徴について

注文住宅は使われる木材の種類によって、見た目や性質が大きく異なるでしょう。
ここでは、注文住宅で使われることの多い木材の種類とその特徴について紹介します。
ご自身の好みにあった木材を見つけていただければ幸いです。

1つ目は、スギです。
こちらは木材自体が柔らかいため、加工しやすいのが特徴的でしょう。
しかし、柔らかいという特徴から構造よりも化粧材として使われることが多いです。

2つ目は、ヒノキです。
こちらも加工しやすい木として有名でしょう。
丈夫で見た目の良いことから、かなり人気が高いです。
水に強く、経年劣化しにくいため、土台や柱として使われることが多いです。
生育が遅いため、価格は高くなるでしょう。

3つ目は、ケヤキです。
こちらは耐久性に優れており、大黒柱や構造体に使用されやすいです。
硬質な木なので加工がしにくく、狂いが生じやすいでしょう。
高級な木材のため、価格は高めです。

4つ目は、ヒバです。
水や湿気、菌、シロアリに強いため、土台や構造体に使用されるでしょう。
比較的安価な木材です。

5つ目は、アカマツです。
こちらは松脂(マツヤニ)が多く含まれており、耐久性が高いことが特徴でしょう。
松脂が出るため、表には出ない部分で使用されます。

□木材の選び方について

ここまでは木材の種類と特徴について紹介しました。
ここからは木材の選び方について紹介します。
木材にこだわりたい方はぜひ参考にしてください。

木材を選ぶ前に、家族構成やライフスタイルを確認しておきましょう。
その理由として、小さな子供やお年寄りの方がいる家庭では、硬い集成材よりも肌に優しい無垢材を使用した方が良いためです。
家族構成やライフスタイルに合わせて木材を選ぶことが重要です。

また、住宅は必ず経年劣化します。
この劣化を防ぐためには日々のお手入れが欠かせません。
そのため、汚れを落としやすいものや傷がつきにくいものを選ぶ必要があります。

業者によっては肌触りを確かめさせてくれる場合があります。
実際に肌触りを確認してみることも大事ですよね。
そういった場合は確認させてもらうようにしましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を購入する方に向けて、木材の種類とその特徴、木材の選び方について紹介しました。
それぞれの木材の特徴を理解して、ご自分にあった木材を選んでみてください。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント